婚活ブログ

加藤さんのご両親と食事③

更新日:




独身アラサー婚活パーティー参加
少しイラっとして「素敵な指輪に、お料理もダシの素もダメとか、さぞご立派なご裕福なお家柄なんですね」と嫌味を返しました。
加藤父は焼酎を飲みながら、ハハハツと笑いながら「年収450万ていどの一般市民だよ。」と返ってきました。
息子の半分くらいしか稼げてないじゃん。え?貧乏人のくせに、あれこれ、この母親は私に伝授しようとしているの?
そこからは適当に話を相槌をうち、解散をしました。

加藤さんが家まで送ってくれるというのでレクサスに乗りました。(嘘の家です。まだ場所は教えてません。)
車を運転する加藤さんは、母さんあれこれ言ってたみたいだけど、ずっと専業主婦だから、なでしこさんが初めての部下みたいなもので、はりきってるんだよと私に言ってきました。

聞こえてるんだったら、その場で「そこまでは必要なでしょ。こっちはこっち、そっちはそっち」とその場ではっきり、言ってよ!部下って何それ!と思いました。結婚できない男ってやっぱり、難アリ物件なんだなと思いました。
あの母親は結婚したら、あーだこーだ言ってきそうで嫌です。
あの母親がいる以上私はうまくいきそうにありませんし、ブランド品を買ってらえますが加藤さんと無駄にデートしている時間はありません。
車を降りる直前に、加藤さんに「わたし加藤さんとはお付き合いできません。他に良い人お互いにみつけましょうね」と言いました。
加藤さんは、そっかーそうだね。と無言で車で去っていきました。
内心ブランド品返せと怒鳴られるかと思いましたが、加藤さんがあっさり何も言わずに去ってくれて良かったです。

実は今回一番無理だなと思ったのは母親ではなく、実は父親が決め手でした。
そう、お父さんだってハゲなんだもん。
お父さんがハゲって、加藤さんもいずれはハゲるわけじゃないですか・・。たださえ妥協しての現在の容姿が、今後加齢で醜くさらになり、ハゲてしまうなんて、ムリ。ほんとにムリ。
ハゲてるのは無理だな・・。
この人と結婚するのかなと思ったけど・・・。また婚活パーティー参加しないと・・・。疲れる。

スポンサーリンク




-婚活ブログ

Copyright© 30代独身女の本気の婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.