婚活ブログ

出産の痛みを味わった独身女

投稿日:




尿路結石になる独身女

前回ブログから、だいぶ日にちがたってしまいました。
激務でブログの更新がまったく出来ませんでしたが、そんな中、婚活は続けていました。ちなみに相変わらず婚約できていません。
仕事が少し落ち着いてきたので、またブログの更新をまめに出来るようにしたいと思っています。
ちなみに激務のせいか体重が5kg増えてしまいました。
仕事は制服が支給されているのですが、最近恥ずかしながらサイズアップしてもらいました・・・。

ちなみに書きたくても書く時間がなかった、この3ヶ月の出来事を少しづつ書いていこうと思います。

仕事は事務員をしています。
ベテランスタッフが退職してしまい、そのフォローの為に激務で仕事中のトイレ休憩も削減する為に、水分をあまりとっていなかったのです。
1日の水分摂取量は大体500ml程度でした。
そんな日が続いた、ある日の夜。
トイレに行った後、すぐにまたトイレに行きたくなる。
水分とっていないのに、そんな状態がずっと続き、さらに腹痛でトイレで徹夜しました。
翌日仕事だったのですが、さすがに酷い頻尿と、一睡もしてない30歳の体では出勤できそうになく、有給休暇を使って病院にいきました。初めての出来事だったので、最寄りの普段お世話になっている病院へ。
病院はたまたま空いていて30分ほどの待ち時間で診察できました。その間、トイレに4回行きました。
前日から水分をとっていないのに・・。

診察の結果膀胱炎でした。尿検査と、会話のみの診断。
飲み薬を出され、水分たくさんとって、毒素たくさん出してねと言われ帰宅。

薬を飲んで水分たくさんとれば、落ち着くだろうと思い、ポカリを大量に飲み休んでいました。
残尿感と頻尿は相変わらず続き、腹痛もだんだん酷くなり、涙がでるほどでした。
どの体勢になっても、つらく、さらに30分後には腰も激しく痛み出しました。
もう痛みが我慢できないと思い、先ほど行った病院へ電話をし、膀胱炎ってこんなに痛いんですか?と泣きながら尋ねると。
医師「膀胱炎って結構痛いからね~」と。
初めての膀胱炎で、痛みがどの程度かわからず、以前膀胱炎になっちゃったという25歳の年下OLちゃんがテヘペロッとな感じで話しながら平然と出勤してたのに驚愕しました。

医者が言うのだからと、泣き叫びながら、必死に電話から1時間痛みに耐えていました。
ですが、もう一人ではダメだと思い近くに住んでいる姉にSOS電話をし、30分ほどで駆けつけてくれました。
姉が駆けつけたときには、腰とお腹が痛みすぎて蕁麻疹も出て、嘔吐をしながら転がるように泣き叫んでる私をみて膀胱炎ではないと、先ほどの病院へ電話し、再度連れていってくれました。
看護師さん達もすぐに、膀胱炎じゃないと緊急でお医者様へ通してくれました。

結果、尿路結石でした。痛みランキング上位の結石です。
結石って、ほうれん草大好きな男性しかならないと思ってたのですが、女性もなるそうです。
結果、鎮痛剤の点滴をした瞬間に痛みがなくなり、あれ?と聞いたら、石が転がらないと痛くないとか。
ですが、ずっとたくさん点滴をされ3泊4日の緊急入院をしました。
結石は鎮痛剤が効いている間に自然と排出されたみたいで痛みなく体外へ。

痛みがないって素敵。頻尿のストレスにも開放されました。
ちなみに入院前日まで酷い残尿感でトイレには60回行ってました。
退院後、翌日には頻尿もなくなり、普通に出勤できました。
食生活と1日1リットルから2リットル水分摂取が大事だそうです。
結石になる前は激務でもっぱらコンビニ弁当1日3食食べてました。お肉ばかり・・。

姉には「こういった時に旦那がいると頼れるから早く結婚しな」っと哀れんだ目で言われました。

スポンサーリンク




-婚活ブログ

Copyright© 30代独身女の本気の婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.