婚活ブログ

30歳独身OL初のカップリング相手あばれる君似

更新日:




カップリング後喫茶店

初のカップリングで一瞬びっくりしました。
1周目の印象カードで好印象をくれた私より3つ上の会社員さんでした。

おばさんスタッフが
「ではカップリングになった男性と女性は入り口でお声がけをお願い致します。」
「なるべく男性様からお声掛けしてください」と最後の説明がありました。

個室の席を立つ前に、自分のバッグに入っている手鏡で化粧ヨレをチェックし、入り口に向かいました。

入り口に向かうと、他のカップリングになった男女がどこか行きますか?とやり取りをしている中、一人男性がポツンとスマホを持ちながら立っていました。

男性はスマホを見ていて、私に声掛けしてくれそうにありません。
あれ?この人だよね?と心の中で不安にもなりがながら、自分から男性に声をかけました。

カップリングになった男性は、見た目が「あばれる君」に似てるので「あばれるさん」にします。坊主ではないですが短髪の方です。

「あの・・○番のなでしこです。」と名乗ると、あばれるさんはスマホをポケットに入れ「どこか喫茶店に移動しませんか?」と言われ、近場の喫茶店へ。

お互い飲み物だけを頼み、「パーティーちょっと疲れましたねー」から、たわいもない会話をしました。

お互いの住んでる場所や、休日の曜日の再確認、恋人どのくらい期間いないの?など、さっきのトークタイムで聞けなかったことも時間を気にせず会話を楽しみました。
あばれるさんはニコニコ常に笑い、聞き上手な方でした。

私は映画を観るのが好きで、あばれるさんも映画好きとのことで、今度何か映画一緒に観にいきましょうか?からの流れでラインの交換をしました。

喫茶店に入って1時間くらいでしょうか?
あばれるさんは明日仕事だということなので、駅まで送って頂き解散しました。

帰りの電車で私は、あばれるさんに
「今日は楽しかったです!今度は、食事か映画で観たいのがあれば気軽に誘ってください」とだけラインを送りました。
すぐに、あばれるさんからもラインが返ってきて「今日は楽しかったですね。時間が合えば、食事に行きましょうね」とのメッセージと、布団に入って寝ているウサギのスタンプが来ました。

帰りの電車で私は、あばれるさんとの会話を思い出してました。
もともと子供が大好きで姪っ子と接するようになって、結婚したくて婚活パーティーに参加したとのこと。
私も子供は欲しいので休日に、あばれるさんと子供を連れて遊びに行く妄想をしたりしてました。
初めてのカップリングで、もう付き合ってるかのように錯覚してしまいました笑

翌日、あばれるさんからラインのメッセージが来るのを待ってましたが、メッセージは来ませんでした。

カップリングになった翌々日、私から「こんばんは。今週末いかがですか?」とメッセージをしました。
すぐ既読になり、あばれるさんから
「すみません!昨日友人に紹介された方と付き合うことになったので、食事に行けなくなりました」
「なでしこさんに素敵な出会いがあるよう祈ってます」
とメッセージが来ました。

嘘でしょ・・?えぇぇえぇええぇ!!!っと思いながら、どうしようもないので、カップリングになった帰りの電車での妄想を後悔しながら、ポテチ1袋完食して寝ました。

スポンサーリンク




-婚活ブログ

Copyright© 30代独身女の本気の婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.