婚活ブログ

31歳独身婚活中女救急車に乗る

投稿日:




独身女胃腸炎高熱31歳独身女はじめて救急車に乗りました。夜に激しい嘔吐数回、38.5度から39度の熱が出てフラフラどころか歩けない。飲み物を飲むだけで嘔吐。タクシーよぶ体力もなく気絶しかける前に救急車をよびました。安アパート住まいなので、救急車のサイレンの音でなんだなんだって、ご近所さん達が野次馬しにあらわれてました。そんな野次馬を無視して、自力で救急車に乗り救急病院へ。救急で運ばれたのに待ち合い室で待たされ診察に呼ばれるのに1時間。もう人の目を気にせず、横たわってました。座って待ってるなんて無理無理。救急隊員にも、お医者さんからも最初に中国への渡航最近しましたか?同じ症状の方は、まわりにいますか?って確認されました。コロナウイルスの可能性の確認ですね。会社で嘔吐してる人や病気で休んでる人はいないので、いないと答えました。いろいろ検査して1時間点滴しました。

こういう時恋人か旦那がいれば頼れるのに、独身女はまだ熱は少し下がって微熱くらいになってたのですが、看護師さんに「会計準備できてるので、会計終わったら帰ってください」と0時に言われ、薬を持たされタクシーを呼び、一人で帰りました。飲み物も麦茶しかないので、自販機でポカリを買って握りしめ、朝を迎えました。ほんと具合悪いときのひとり暮らしはキツい。誰にも頼れず心細いです。救急車で行ってるんだから、せめて朝まで入院させてくれればいいのに。0時に帰れだなんて、ひどすぎる。
あらためて頼れる男性と早く結婚したいと、さらに思いました。ちなみに胃腸炎は翌日には完治しました。

スポンサーリンク




-婚活ブログ

Copyright© 30代独身女の本気の婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.