婚活ブログ

私に隠れて女と連絡取り合っていた貢さん

投稿日:




婚活なでしこ33歳アラサー婚活パーティーバーキンロト
文句言う方へ
作家じゃないんで、文上手くないです。嫌なら読まなくていいです。読んでなんて私お願いしてないし。

ラインのアイコンがぶりっ子の女なので略してブリ子にします。風呂から出てこいと叫び、私は貢さんのスマホを持ったままリビングのソファへ座りました。ドアを叩いた時に、貢さんはすぐに返事で、ちょっと待ってと言ったくせに一向に出てこない貢さんにイライラしつつも、その女とのラインを遡りながら読みました。なんと女の誕生日をお祝いしたみたいで
「今日お祝いしてくれてありがとう(ハート)」さらにその前は、その女から写メを送られていたり他愛ないやり取りをしていました。もちろん私とルームシェアしてから、いやそれ以前からのやり取りもありました。私と結婚をも考えての生活をはじめてるのに、ほかの女と連絡とるなんて、ありえない!むかつきます。この時、今すぐスマホを壊したい衝動がありましたが、証拠が無くなってしまうので我慢です。今思い返すとですが、あの時はムカつきすぎて、体が熱くなったのは覚えてます。だって、ありえなくないですか!?
私とルームシェアしてるのに!!失礼じゃないですか!そもそもこれって、浮気じゃん!慰謝料とれるレベルじゃん!
5分、10分たってもシャワーの音がしていてお風呂から出る気配がないのを感じて、さらにイライラしました。火に油をそそがれるってこういうこと言うんだなって感じました。
あんなやつごときに、二股されて私を侮辱しやがってっとの思いがいっぱいで、とても悔しいかったです。
貢さんが15分くらいしたら、今度は脱衣所でドライヤーをしてる音がしました。あんなやつの裸やパンツ一丁姿なんて見たくないので、脱衣所のドアをたたいて、「さっさと出てこい!!怒」と怒鳴りました。
「うーん」との、だるそうな返事が返ってきてから5分くらいしてから、貢さんはリビングに来ました。怒ってる私に警戒してかソファに座らずキッチンカウンターの近くに立っていました。
すこし、ほろ酔いで「どうしたの?」と、のんきに聞いてくる貢さんにムカつき、スマホを貢さんに投げつけました。

スポンサーリンク




-婚活ブログ

Copyright© 30代独身女の本気の婚活ブログ , 2021 All Rights Reserved.