婚活ブログ

年収450万円の一度もカップリングになれない猿顔男

更新日:




年収450万カップリングになれない猿顔男

男性は私に無言で会釈だけすると、すぐ目線を外し、プロフィールカードを記入し出しました。
見た目は背が高いですが、毛深く、肌が茶色く、鼻の穴が大きく猿みたいな顔をしてる人でした・・・
こういう人ってカップリングになったことあるのかな?という感じの人です。

スタッフの合図とともに婚活パーティーが始まりました。
見た目でないなと思い、棒読みで、こんにちはと挨拶をしました。
猿男は、どもりながら挨拶を返してくれました。

プロフィールカードを見ると年収450万と書いてあり、この人は問題外だと思い、自分の男性メモ欄に猿顔×と書きました。
男性は私に質問せずにプロフィールカードを必死にみてます。
私「何か質問ありますか?」
猿男「えっと。えっと。」
コミニケーション苦手な人だとすぐ、わかりました。

私「婚活パーティーってはじめてですか?」とたずねると、
猿男「きょ・・今日で13回目です・・」
以外と参加してるなことに驚きです。それならもっと、慣れていてもいいような気がします。
ひきこもりさんでしょうか?ふと気になっていたことを質問しました。

私「今まで参加して、カップリングになったことありますか?」
猿男「なっ・・ないです。難しいですよね。す、数分でアピールするだんて」
13回も参加してるなんて婚活に必死の男性とか、ちょっと、ひきますね・・。
しかも、一度もカップリングになってないだんて寂しすぎる。

男性は安くても2000円、基本どこも5000円は払ってると思うので、トータル数万払って、寂しい思いするだなんて可哀そうと思いましたが、年収が低いのと、どもる話し方を改善しない自分自身が悪いので、自業自得だと思います。
猿男さんの希望する女性の欄を見ると、自立していて23歳以下で謙虚な方。料理が得意で小動物みたいな女性。と書いてありました。たかが年収450万しかない猿顔の男のくせに高望みすぎ!と思っていると。

猿男「な、なでしこさん。年齢結構いってますね・・」と、ぼそりと言われました。
物凄くムカッとして言い返そうとしたところで、男性の方は次の数字の席のところへ移動してくださいとのスタッフの掛け声があり、猿顔の男はプロフィールカードを私にぽいっと返し、席おを移動してしまいました。
私は言い返すタイミングを逃し、イライラしていると次の男性が来ました。
次に来た男性は爽やかな32歳の藤原達也みたいな雰囲気のスーツを着た男性でした。
おぉイケメン!と、猿男のムカつきは吹っ飛びました。
私は笑顔で挨拶をして、藤原達也さんのプロフィールカードの年収をチェックしました。

スポンサーリンク




-婚活ブログ

Copyright© 30代独身女の本気の婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.